イビサクリームを顔に使う前に知っておきたいこと

イビサクリームは顔にも使えるの?

気になるデリケートゾーンのお肌の黒ずみを改善できると話題になっているイビサクリーム。

 

デリケートゾーンの黒ずみを改善できるのなら、顔のシミ、そばかす、肝斑、色素沈着などにも使えるのでは?と考えられた方もいるのではないでしょうか。

 

イビサクリームは顔に使っても大丈夫

イビサクリームは無添加で低刺激とお肌に優しいうえに、化粧品などにも使われている美白成分であるトラネキサム酸が配合されていますから、シミやそばかす対策として顔に塗っても大丈夫なのです。

 

アミノ酸の一種であるトラネキサム酸は抗炎症・抗アレルギー作用や止血などの効果があることで知られており、もともとは医療用として湿疹や蕁麻疹の治療、そして止血などのために使われていました。
今ではすっかり美白成分として有名となり、さまざまな化粧品に使用されています。

 

なぜ、イビサクリームに配合されているトラネキサム酸が顔のシミやそばかすなどの対策に効果があるのかというと、体の中でメラニンが生成される際に、メラニンを生成するようにという命令の伝達を防ぐ働きがあるからなんですね。

 

また、トラネキサム酸は肝斑の原因となるプラスミンという酵素の働きを抑える効果もあるので、肝斑の対策にも使えるというわけなのです。

 

トラネキサム酸に副作用はある?

トラネキサム酸に副作用はないの?と心配している方もおられるかもしれません。

 

トラネキサム酸にはイビサクリームに配合されているもののように肌に塗るタイプと、口から飲むタイプの2種類があります。
そして、口から飲むタイプのものはごくまれに食欲不振、胸やけ、吐き気、眠気、発疹などの症状が発生することがあるようです。

 

けれど、肌に塗るタイプのものはそのような症状が発生する恐れはありませんから、イビサクリームも安心してデリケートゾーンや顔をはじめとして全身に使うことができます。

 

イビサクリームは継続して使うことが大事

そんなトラネキサム酸の働きで黒ずみやシミ・そばかすを改善できるイビサクリームですが、早く効果を得たい、あるいはより大きな効果を得たいからと一度にたくさんクリームを塗ってもすぐに黒ずみやシミ・そばかすがなくなるわけではありません。

 

お肌にはターンオーバーのサイクルがありますから、推奨されている量を継続して使うことで少しづつ効果が現れるようになります。

 

また、継続して使うことにより元からあった黒ずみやシミ・そばかすを改善できるだけでなく、新しく黒ずみやシミ・そばかすができることを防ぐこともできます。

 

イビサクリームをデリケートゾーンに使う場合も、顔に使う場合も、大切なのは毎日継続して使うことだといえるでしょう。

 

 

↓↓イビサクリーム公式通販はこちらから↓↓

 

イビサクリームが市販されている薬局を見てみる